2019年10月18日金曜日

API2520が搭載できるヘッドフォンアンプ HPA-03

API2520オペアンプ(DOA)が搭載できるヘッドフォンアンプを作りました。


ディスクリートHPアンプ HPA-03


2019年10月15日火曜日

10月のキャンペーン

告知するのがだいぶ遅れました。半月過ぎてしまいました。
10月のキャンペーンです。

大人気のTFDI-02


10月中にTFDI-02をダイレクトでオーダーされた方には、3mのXLRケーブルを無料でプレゼントいたします。

ケーブルに関しては、mogami 2549neutrik NC3MXXプラグというベーシックなものですが、いわゆる“ド定番”の組み合わせですので、音質や耐久性に関しては言わずもがなですね。

最初からケーブル付きなので、すぐにミキサーやインターフェースに接続することができます。(もしXLR-TRSケーブルを所望の方は、相談してください)

もちろん、D.I専用ケーブルというわけではないですから普通にマイクケーブルやその他のラインケーブルとしてもお使いいただけます。

送料も無料です。


オーダーはこちらから。
よろしくお願いいたします。

2019年9月18日水曜日

10月以降の価格改定について

消費税改定および、部品原価のコスト増加に伴い、10/1から一部製品の価格を改定します。

10/1以降の製品の価格については以下の通りです。

(旧価格)→(新価格)


・HA-02

¥188,000¥198,000 

・TFDI-02

¥46,000¥46,750

・FETD-02L

¥42,120¥42,900



直販用はすべて税込み価格とさせていただいております。

よろしくお願いいたします。

2019年9月13日金曜日

マイクトランスの選定

マイク入力用のトランスは一般的に1:4〜1:10ほどの昇圧比があります。

最近思っているのはそんなに昇圧する必要があるか? ということです。

アンプが真空管オンリーの時代や、半導体アンプの性能が未熟だった時代はプリアンプのみで+60dBなど大きなゲインを取ることができませんでしたから、ある程度トランスで電圧利得を稼いでおくのは、必然でした。

しかし現在はアンプがシングル増幅からオペアンプによる多段の差動増幅になったので、利得を大きく取るのは簡単なことでそう難しくはありません。

個人的には、入力インピーダンスのマッチングさえしっかり取れていれば、最低限の昇圧比でよいと思っています。

メリットとしては、まず初段アンプに入れるレベルが小さくなるので、クリップするまでの許容量が稼げることと、初段アンプでゲインアップできるゲイン幅が自由に決められることです。つまり、ヘッドルームを稼ぎつつ、ゲインの値の設定でサウンドの変化を狙うことができます。

逆にマイクトランスで1:10など大きく昇圧するとアンプ側でゲインを殆ど上げる必要がないので、ゲインの設定は融通が効きません。


MCIN-01基板にセットされたJenenトランス



当方では、昇圧比が小さいタイプのJensen製マイクトランスを用いることが多いです。

Jensenは無機質と言われることもありますが、トランスの癖が限りなく小さく、また特性が非常に優れたもので、海外製ではこれ以上のトランスはないと思っています。Jensenは元々1:10など昇圧比が高いものがメインでしたが、ローゲインタイプも製造しており、そちらを積極的に用います。

2019年7月22日月曜日

便利な電源基板MPSA-02の頒布開始

DIY向けの頒布基板に新しくMPSA-02が追加されました。

MPSA-02


MPSA-02は、+-の正負電源に加え、+48Vのファンタム電源を生成する、マイクプリアンプ電源向けのレギュレータ基板になります。


部品を実装した状態


2出力の電源トランスにつなぐだけで、3つの電圧を取り出すことが可能なので非常に便利です。ファンタム電源のためにもうひとつトランスやスイッチングを用意する必要はありません。配線用のスルーホールもパッド型になっているので、ケースの中で配置を決めてから後で配線…といった場合も対応しやすく、使い勝手の良い基板になっています。

PB2520などのディスクリートオペアンプを使ってマイクプリアンプを製作したい方におすすめです。メインの正負電源は+-15〜24Vに対応します。

価格は¥1,600になります。

2019年7月19日金曜日

8/17 グランディベース東京で山崎英明さんのイベント開催

先日Floatia Designs製品の取扱を始めていただいたイケベ楽器 グランディベース東京さんにて、フローティアユーザーでもある山崎英明さんのセミナー・イベントが開催されることになりました!!





こちら協賛という形でサポートさせて頂きますので、当日はベースプリアンプFETD-02L SapphireTFDI-02といったうちの機材についても使用方法なども解説されると思います。

バンド活動や、サポートなど様々なステージでベースを弾き続けてきた山崎さんのイベント……今回はサウンド作りという部分に焦点を当ててお話して頂けるそうです。ベースプレイヤーにとっては垂涎ものの内容になることは間違いないと思いますし、山崎さんから直々にプレイについて話が聞ける希少な機会ですから、是非チェックしてください。

開催日は8/17と一ヶ月ほど先になりますが、既にチケットが半分近くSOLDになっているようで、会場もそれほど広くはないですから興味がある方はお早めにイケベさんのほうへ申し込みをお願い致します。



あとさり気なく、TFDI-02(D.I/プリアンプ)の取扱もスタートしております!

>>イケベさんの商品ページ

上記のイベント開催日までにFloatia Designsの製品をイケベさんで購入されると、イベントへの優先入場特典もあるそうです。(詳しくはイベントの詳細ページで)

私も非常に楽しみなイベントです。よろしくお願いいたします!

2019年7月2日火曜日

FETD-02Lがイケベ楽器さんで取り扱いスタート!



好評を得ておりますベース用プリアンプFETD-02Lの続報です。

以前から問い合わせの多かった「気軽に試奏などをしてから購入してみたい」という要望にお応えし、イケベ楽器さんのグランディベース東京 渋谷店今月からFETD-02Lの取扱・販売がスタートしました!


>>FETD-02 Sapphire Bass Preampの商品ページ


都内や東京近郊の方は是非グランディベース東京 渋谷店さんでFloatia Designsの製品をお試しください! (渋谷駅からすぐの位置にするお店なので非常にアクセスが良いです)

今後はTFDI-02を含めたベース向け製品はイケベさんのほうで順次お取り扱い頂く予定ですので、さらなる販売在庫の充実に努めていく予定です。



もちろん、Floatia Designsの直販やカスタム品などの製作依頼・サポートは引き続き行っていきますので、今までとお変わりなく対応させて頂きます。

よろしくお願いいたします!