2020年5月24日日曜日

MPSA-02にTL783が付属します

MPSA-02


キット類の中でもよく売れているマイクプリアンプ向けの3電圧電源基板MPSA-02ですが、製作に必要な高電圧レギュレータ(TL783)の国内入手が難しいということで、今後はTL783を1個付属させることにしました。

その代わり価格を¥2,300に改定いたしました。少し値上がりしましたがすいません。

購入・webshopのページはこちらになります。



2020年4月21日火曜日

新井和輝(King Gnu)がSapphireユーザーに!

コロナウイルス渦中で音楽業界が色々と厳しい中、明るいニュースです!

いま日本で一番注目されているバンド、King Gnuのベーシストである新井和輝君が当方のベースプリアンプ、Sapphireのユーザーになりました!!

私も知人を通して数年前から注目していたKing Gnu、そしてサポートベースプレイヤーとしても着々と腕を磨いていきた新井和輝君。そこに少しでも携われることを光栄に思います。

彼らの様々なオリジナル・エッセンスを用いた素晴らしい音楽をこれからFloatia Designsでもサポートしていきたいと思います。


FETD-02L Sapphire Bass Preamp


FETD-02L Sapphire BassPreampはライブ・リハーサルだけでなく、宅録やDTMに励むベースプレイヤーにも心強い味方です。

トッププレイヤーからバンドマンまで幅広く、様々なシチュエーションで認められたサウンドを是非体感してください!

現在は通販で購入可能な在庫が数点あります。また、イケベ楽器グランディベース東京にも在庫がございますのでよろしくお願いいたします。


check it out!!

2020年3月25日水曜日

FETD-05 Rubyのサウンドデモ




Steinberg社のオーディオIFレビュー動画に、ベース担当として山崎英明氏が出演!

バンドレコーディング内でFETD-05 Ruby BassDriverを使用して頂きました。
プレシジョンベースとのシンプルなドライブサウンドの組み合わせです。

高品質なビデオになっているので、参考にしてみてはいかがでしょうか。



また、空色絵本の佐藤ケンジ氏にもブログにてRubyのレビューが掲載されました。
こちらは制作視点でのレビューになっておりますので、併せて参考になると思います。


2020年2月18日火曜日

JC-2, ML-1用ラインドライバーモジュール FLD-01の特価品

FLD-01 ラインドライバー


オールドMark LevinsonのプリアンプJC-2, ML-1のラインドライバーモジュール、FLD-01が1セット限りのアウトレット特価です。

オーディオショップなどでの視聴&評価用として貸出機のJC-2にセットされていたもので、機能は全く問題なく、DC調整済み、保証も三ヶ月付きます。

オリジナルと謙遜のないJ-FETアンプの音が堪能できます。

価格は¥14,000オフの¥40,000!もちろん、1セットのみです
所望の方はお早めにお問い合わせください。よろしくお願い致します。

完売しました。ありがとうございます。



2020年2月5日水曜日

Walter Woods製のアンプについて



Walter Woods製のアンプを修理依頼でチェックしました。

今となってはOEMによる低価格D級モジュールが普及したことにより、低価格で大出力のアンプが台頭。今は陰りを感じるようになりましたが、80〜00年代までは軽量&大出力のアンプの代表格といえるアンプでした。

当時としては大胆にスイッチング電源を採用することで軽量化できたのです。


2020年1月29日水曜日

バッファー内蔵ラインセレクタ

ベースプレイヤーの方からご依頼の品です。



バッファー内蔵の楽器用2chラインセレクタです。

Ach、Bchにそれぞれ別の楽器などをつなぎ、フットスイッチで切り替えます。




LEDはオンになっているchに連動して光ります。

パッシブタイプのラインセレクタはいわゆる3PDTスイッチにジャックから配線されているだけのものですが、これはバッファーを内蔵しました。なので出力はローインピーダンスになります。なので一番最初に繋ぐのが良いと思います。

通常、この手の小型のバッファーとなるとJ-FETをエミッタ接地させただけのものが殆どですが、これはSapphireの初段にも使っている産業用オペアンプでしっかりとバッファーしていますので完全なローインピーダンスです。位相も反転しません。

電源は9Vで製作しましたが、更にヘッドルームを上げたい場合は18Vや24V仕様でも製作可能です。

音色はSapphireと同じく少しカドが取れてしなやかな音色です。ベース向きですね。


¥27,000から製作可能です。納期3週間。
特注品の紹介でした。

2020年1月2日木曜日

音響用ハンダ HMXシリーズのレビュー



先日、知り合いのHumpback Engineeringさんに「面白いハンダを作ったから試してみて」とハンダのサンプルを数点頂きました。

国内で主にOEMなどを手がける小島半田製造所のオリジナルハンダHMXシリーズです。

音響用に特化したシリーズということで、さっそく私も試してみました。

以下がざっくりとした3種レビューです。