2019年11月11日月曜日

新製品 FETD-05 Ruby BassDriver発表!

FETD-05 Ruby



以前告知していた新製品FETD-05 Ruby BassDriver本日11/11から発売開始します。

製品の詳細は個別ページを参照してください。


>>FETD-05 Ruby BassDriverの商品ページ


ベース/ギター用機材のFETDシリーズの最新作にあたる、ベースドライバー/プリアンプとなります。

既にベース用のプリアンプとしてはラインナップに定着しているFETD-02L Sapphireがありますが、FETD-05 RubyはSapphireの回路をベースにドライブサウンド(歪み)にスポットライトを当てたギアーとなります。

高性能プリとしてのSapphireの性能を受け継ぎつつ、ヘッド部分に新開発のLEDクリッピング&NFBゲインコントロール回路を搭載し、太くベースらしいサウンドを出しつつも音色の補正やサウンドにバリエーションを持たせることに成功しました。

オーバードライブとしては以前FETD-03(生産終了)がラインナップにありましたが、音が図太いという特徴の反面やや音の癖が強く、Sapphireなどのヒット製品ほど受け入れられるものにはなりませんでした。そういった反省点から更に使いやすく、実戦的なサウンドメイクができるような機材を目指しての開発をすすめました。結果的に今までのドライブ回路ではなくSapphireを土台に設計することで非常に高性能なギアーに仕上がっています。

テストショットの段階から山崎英明氏、松野圭悟氏などサポートを中心に活躍するベースプレイヤーにも導入して頂き、「現場で使えるサウンド」という高評価を得ました。(後日、レビューやインタビューなどを公開予定)

Sapphireのクリーンなキャラクターよりも、ちょっとダークで汚れたサウンドが欲しい方、バンドアンサンブルで太くうねるようなドライブサウンドを欲している方には、ピッタリのギアーです。力を入れておすすめできます。


価格¥38,000 +taxとさせていただきます。(tax込 ¥41,800
電源を汎用+9VとしたことでSapphireよりもわずかに価格を下げることができました。

Floatia Designsダイレクト以外では、イケベ楽器グランディベースさんで購入・試奏可能です。

年内の出荷台数は15台ほどを予定しておりますので、よろしくお願いいたします。
当面送料サービスいたします。

発注はこちらから。


2019年11月6日水曜日

FETD-05 coming soon!



11/11にベース用ギアーの新製品を発表します。

FETDシリーズの最新作になります。

もうしばしお待ち下さい。よろしくお願いいたします。

2019年10月30日水曜日

FETD-02Lとの上手な付き合い方



今年頭にリニューアルされ、プレイヤー同士の口コミで話題になりつつ、上々の評判を得ているベースプリアンプ・FETD-02L Sapphireですが、サウンドメイクに融通が効き、そのセッティングは多岐に渡ります。

またその自由度ゆえにまだ使い方を模索している最中の方もいると思います。


今回のエントリでは、マニュアルやスペックだけではなく一製作者としてFETD-02Lをうまく使いこなすTipsを紹介したいと思います。



2019年10月18日金曜日

API2520が搭載できるヘッドフォンアンプ HPA-03

API2520オペアンプ(DOA)が搭載できるヘッドフォンアンプを作りました。


ディスクリートHPアンプ HPA-03


2019年10月15日火曜日

10月のキャンペーン

告知するのがだいぶ遅れました。半月過ぎてしまいました。
10月のキャンペーンです。

大人気のTFDI-02


10月中にTFDI-02をダイレクトでオーダーされた方には、3mのXLRケーブルを無料でプレゼントいたします。

ケーブルに関しては、mogami 2549neutrik NC3MXXプラグというベーシックなものですが、いわゆる“ド定番”の組み合わせですので、音質や耐久性に関しては言わずもがなですね。

最初からケーブル付きなので、すぐにミキサーやインターフェースに接続することができます。(もしXLR-TRSケーブルを所望の方は、相談してください)

もちろん、D.I専用ケーブルというわけではないですから普通にマイクケーブルやその他のラインケーブルとしてもお使いいただけます。

送料も無料です。


オーダーはこちらから。
よろしくお願いいたします。

2019年9月18日水曜日

10月以降の価格改定について

消費税改定および、部品原価のコスト増加に伴い、10/1から一部製品の価格を改定します。

10/1以降の製品の価格については以下の通りです。

(旧価格)→(新価格)


・HA-02

¥188,000¥198,000 

・TFDI-02

¥46,000¥46,750

・FETD-02L

¥42,120¥42,900



直販用はすべて税込み価格とさせていただいております。

よろしくお願いいたします。

2019年9月13日金曜日

マイクトランスの選定

マイク入力用のトランスは一般的に1:4〜1:10ほどの昇圧比があります。

最近思っているのはそんなに昇圧する必要があるか? ということです。

アンプが真空管オンリーの時代や、半導体アンプの性能が未熟だった時代はプリアンプのみで+60dBなど大きなゲインを取ることができませんでしたから、ある程度トランスで電圧利得を稼いでおくのは、必然でした。

しかし現在はアンプがシングル増幅からオペアンプによる多段の差動増幅になったので、利得を大きく取るのは簡単なことでそう難しくはありません。

個人的には、入力インピーダンスのマッチングさえしっかり取れていれば、最低限の昇圧比でよいと思っています。

メリットとしては、まず初段アンプに入れるレベルが小さくなるので、クリップするまでの許容量が稼げることと、初段アンプでゲインアップできるゲイン幅が自由に決められることです。つまり、ヘッドルームを稼ぎつつ、ゲインの値の設定でサウンドの変化を狙うことができます。

逆にマイクトランスで1:10など大きく昇圧するとアンプ側でゲインを殆ど上げる必要がないので、ゲインの設定は融通が効きません。


MCIN-01基板にセットされたJenenトランス



当方では、昇圧比が小さいタイプのJensen製マイクトランスを用いることが多いです。

Jensenは無機質と言われることもありますが、トランスの癖が限りなく小さく、また特性が非常に優れたもので、海外製ではこれ以上のトランスはないと思っています。Jensenは元々1:10など昇圧比が高いものがメインでしたが、ローゲインタイプも製造しており、そちらを積極的に用います。