2018年4月16日月曜日

4月のお知らせ

最近更新があまりできませんでした…が近況をざっくり。

新製品はオールディスクリートのD.Iを予定しています。
開発や研究には1年近く要して、小型化をさせつつ高音質を実現しています。内容的に言うとまずJ-FET入力のディスクリートオペアンプをこのD.Iのために開発しました。サウンドも今までSapphireなどで使ってきたメタル缶FETよりも上をいくと思います。今は様々なプレイヤーにチェックして頂いている最中です。この話はまた製品の概要がしっかりと決まってから書いていきたいと思います。

以前から書いていた通り、基板頒布のラインナップが増えました。
HPA-02は在庫限りですが、いまは以下の3枚があります。

BA283P PreampBoard  ¥2,830
言わずもがなNeve BA283のクローンです。



・2520-2  ¥3,240
API2520規格のディスクリートオペアンプがステレオでプリアンプ化できる基板です。



・BLOT-01  ¥1,080
アンバランス出力を+4dBuバランス出力へ変換する変換基板。



プロオーディオ向けがメインですので、自作派の人の強い味方になると思います。特に2520-2とBLOT-01は組み合わせればバランス出力のプリアンプになりますし、トランスさえあればマイクプリアンプにも応用できますしね。マイクインプット(電子バランス)の基板も追加予定です。

今後はこういった基板やキットの頒布が増えていくと思います。うちで完成品まで作ってしまうと、やはり¥50,000以下だとなかなか製品として成立しづらいというのがあります。なのでアイデア的な提供というか自作の面白さも体験しつつアフォーダブルなコストで色々と提供をしていこうと考えていますので、是非ともよろしくお願いいたします。

0 件のコメント:

コメントを投稿