FETD-02L Sapphire Bass Preamp

FETD-02L Sapphire


プロプレイヤーやバンドマンをはじめ耳利きのベース・プレイヤーの間で大きな支持を受けてきたベースプリアンプFETD-02 SapphireFETD-02Lとしてリニューアルしました。シンプルな操作感と最高のサウンドという今まで通りの使い勝手を継承しつつ、新たなるステージへサウンドをステップアップさせました。


■ベースのために設計されたFETヘッドアンプ


ハイ・インピーダンス楽器であるエレクトリックベースの音色を大きく決めるのが初段のバッファ&増幅素子です。

Sapphireはクラシックなベースアンプ・サウンドをテーマにしており、音響用にはあまり使われない高精度の産業用J-FETを採用。リニューアルしたSapphireでは更に音のリアリティ(=生々しさ)・タッチレスポンスを向上させます。しなやなか音の柔らかさと反応の速さを両立した、「弾き心地の良い」音色が特徴です。

■シンプルに厳選されたエレメント数


Sapphireに用いられるエレメント(素子)は最小数で構成され、またそれらはすべてベース用に選別されたものです。少数精鋭で構成されたサーキットは音質に悪影響を及ぼすものはすべて排除され、ヘッドアンプ段、EQ段、出力段はパラレルされることなく出口まで直結で繋がれます。それによって入力信号をロスするこなく伝えます。


■+24V電源による広いヘッドルーム


専用DCアダプターから供給されるDC+24V電源は一般的なペダルタイプのプリアンプよりはるかに広いヘッドルームを持ちます。フラット・ゲインではアクティブベースなどの大出力でもまったく歪まないクリアー・サウンドです。

また専用電源化することで汎用DC+9V電源と電源ラインを分離。DC成分(直流)の並列接続による巻き込みノイズを解消しています。(+24Vの専用パワーサプライも今後製作予定)


■NFBゲインコントロール


広いヘッドルームを持つSapphireはクリーンサウンドだけではなく、ゲイン・コントロールによって様々なサウンドを作ることができます。ドライブ段のアンプゲインはNFB(負帰還)を可変させることで音量だけでなく倍音と歪み感をコントロールできます。ストレートでクリアーなサウンドから荒々しくドライブしたオーバードライブまで様々なサウンドメイクが可能です。Sapphireの内蔵回路ではダイオードなどのクリップ素子は一切使っていません。昔ながらの純粋なアンプによるドライブサウンドです。


■ULZドライバー(Ultra Low-Z Driver)


Sapphireはバッファ以外のすべての回路が徹底的にローインピーダンス化されたプロ機仕様設計になっています。ローインピーダンス化することで外来ノイズが乗りにくくなるだけではなく、トラッドな図太いベースサウンドになります。特に出力段は600Ωの負荷にも耐えられる専用回路『Ulutra Low-Z Driver(ULZドライバー)』を採用。次に繋ぐ機材のインピーダンスに影響を最小に抑えてパワフルなサウンドを伝送します。また、ULZドライバーによって出力されたローインピーダンス信号は直接パワーアンプやプロ用機器のライン入力に接続可。ベースアンプのリターンに接続すれば強力なベースアンプセットが完成します。

・・・

Sapphireがあれば、ギグに巨大なアンプヘッドを持ち込む労力は不要になるかもしれません。ライブ、レコーディング、リハーサル……その全てでプレイヤーの心強いサポーターとなるでしょう。

音にセンシティブなベースプレイヤーは次々にSapphireをゲットしています!


¥42,900 (included tax)

コントロール:3バンドEQ、ミッドフリーケンシー、ゲイン、アウトレベル
付属品:専用DCアダプター、マニュアル、保証書
フットスイッチ・スルーバイパス仕様

チューナーアウト(スルーアウト)の追加  +¥2,160
バイパスSWをミーティングSWへの変更 +¥0



※本製品は専用電源の使用を前提にした機材です。付属品以外の電源を使用して破損・故障等が起きた場合には保証外となります。ご了承ください。


■主なユーザー(敬称略)
・山崎英明(ex: siraph, school food punishment)
・森光奏太 (ex: 本田雅人、広瀬香美)
・雲丹亀卓人 (ex: Sawagi)

>>雲丹亀卓人氏によるFETD-02Lのレビュー


■製品マニュアル
製品には付属しませんので適時ダウンロードしてお使いください。



0 件のコメント:

コメントを投稿