2016年2月29日月曜日

4年に1度…

本来なら既に2月は終了している訳ですが…(苦笑)
閏年のお陰で納期が伸びた人も多いんじゃないでしょうか…。

久々のエントリとなってしまいました。
2月初旬から特注品を中心に数点立て続けに発注を頂きまして、ありがたくも忙しい日々を送っています。3月も既にスケジュールが埋まりつつあるので、特注品を含め納期が平均一ヶ月前後となっております。

本当ならもっとコラムや新しいプロダクトの開発記を書きたいのですが、なかなか時間が取れませんでした。4月末ぐらいまでちょっと忙しいかなという感じです。

ひとまず山を越えたら家に転がっている部品のラッキングと、マイクプリアンプの設計を再開したいと思っております。

受注自体は引き続き受け付けていますので、お気軽にご相談ください。

2016年2月2日火曜日

QuadEight Coronado ラッキング

これはまだ手を加えていない状態です

近日中に製作する機材の紹介でもしようと思います。
まずはQuadEIght Coronadoコンソールのノックダウンです。
コンソールの各chからHA+EQを抜き出し、2chぶんを3Uラックにラッキング予定です。
こちらはDaveGroupよりQuadEightのユニットを分けて頂いたことで製作可能となりました。
(完成品の画像等はコチラを参考にしてください)

QuadEightは過去に何度か書いたように、±28Vで駆動するディスクリートオペアンプ、AM-10の力強いサウンドが魅力です。入力にJensen製のマイクトランスが付き、更に3バンドEQも付きますから、今となっては非常に豪華な文句の付けようのない仕様です。それが2ch仕様ですから、様々な使い方ができると思います。

ユニットは今回限りの在庫なのでうちで製作するのは最初で最後になると思います。
いまディスクリートのチャンネルストリップを2chも世間で買ったら30万円以上はすると思いますし、非常にお買い得だと思います。

もちろん当方で販売するヴィンテージユニットは、電解コンデンサーやコネクタなど消耗部分は全て新品に交換してから販売しますので、コンディションも良いです。

興味がある方はお早めにお問い合わせください!