2016年5月29日日曜日

API 2520 Opamp

API 2520 OPAMP

知らぬ人は居ない?API2520オペアンプです。
所謂ディスクリートオペアンプ(DOA)の“はしり”になったもので、現在もAPI社で作られている殆どの機材に用いられているものです。

前時代のSiemensやNeveのようなシングルアンプとは違い、差動アンプとしてオペアンプになったことにより簡単に利得を調整したり、外付けデバイスの組み合わせでプリアンプやEQ、コンプなどのモジュールにそのまま応用可能になったことが大きな進化です。またオペアンプとして共通規格のモジュール化することで容易に交換や補修が可能になったということです。同じ規格では、Jensen製のDOA、JH990などもこのあとに続いて発表されています。

70年代製といっても既にアナログにおける設計はほぼ極めているもので、サウンド的にもオペアンプ単体で見て特性・音色のバランスが良く、プロオーディオだけではなくコンシューマ用のリスニング・アンプにも使うことができます。

オリジナル(ヴィンテージ)と現行型で内部の抵抗値や半導体などが一部変更になっているものの、構造は一貫してほぼ同じです。2520の基本形は正負の入力、出力、正負電源の6ピンです。ヴィンテージの2520は7番目にT (Trim)のピンがあり、これは外部に可変抵抗を取り付け、初段のコレクタ抵抗値でDC調整するものです。API製ではないオペアンプはこのピンは省略されている6ピン場合が多いです。

回路はNPNトランジスタの差動入力段、2段目のエミッタ接地増幅段、コンプリメンタリドライブ段、出力段という今のディスクリートアンプの基本となるような設計で、定電流回路は抵抗で省略されています。また位相補償は細かく大きめの値で入っており、そのせいもあってか高域はナチュラルな印象です。終段には出力用のメタルカンTrが入っており、十分トランスをドライブする力を持っています。

電源電圧はモデル25“20”の文字通り±20Vまでで駆動できます。
API系のクローン…もとい、ディスクリートオペアンプを使う機材では標準の電源が±15〜18Vぐらいで共通して使われることが多いので、20Vギリギリで使うことは少ないですが、十分なヘッドルームの広さを持っています。シングル半導体アンプのNeveなどが+24Vでヘッドルームが狭かったという部分からの進化です。

ちなみにこのオペアンプ、生産時期によってバージョンが確認されているだけでも7つぐらいはあります。ラベルが青白のもの(SPRING FIELD VA)や画像の黒銀ラベルのもので2,3種類のロットがあるようです。自分がよく見るのはMELVILLE N.Yと印字されているものですね。

現行品があるパーツなので、以前は比較的安価に入手できたのですがこの頃オリジナルを手に入れようと思ってもなかなか数が揃わず、値段もだいぶ上がってしまいました。海外だとクローン基板が多く出回っているので、石は自分で選別して自作してみるのもいいでしょう。


FDOA-01


当方でも高性能なAPI2520互換オペアンプ、FDOA-01FDOA-02を製作しています。
また2520オペアンプを扱うことのできるプリアンプ基板もありますので、オペアンプ単体で入手しても使いみちがなかった人には勧めています。

2016年5月24日火曜日

新型マイクプリアンプのPreOrder

残るは最終調整

現在開発中のオリジナルマイクプリアンプ、HA-2のTr型デモバージョンが完成…。
フルディスクリートらしい力強い音色で手前味噌ながらいい感じです。

正式な仕様確定&販売開始はもうちょっと先になりますが、仕様が2ch仕様ということもあり価格は今までよりもやや高めの20万弱ほどになってしまいそうです。
そこでちょっとお得なプリオーダー版を台数限定で受付しようと思っております。
(1ch版は今後レギュラー化しない予定なのでそれも含め)

HA-02 PreOrder 仕様

・出力段にメタルカンTrを使ったクラスA動作のディスクリートアンプを搭載
・入出力共ににアメリカ製EDCORトランスを採用
・電源はトロイダルトランスによるリニア電源
・±24V電源によるドライブで圧倒的なヘッドルーム
・特注ブルーアルマイト仕様パネルの1Uケース
・フルディスクリートのDI入力追加可能

カラー:Deep Blue


予約価格 ¥98,000 (2ch仕様 ¥158,000 )
納期:約一ヶ月

限定2台です。
かなりお安めとなっているのでお早めにご連絡ください。〆切は月明け(6/3)です。
いつも通り、決済にPaypal(カード払い)にも対応しておりますのでお気軽に!

2016年5月21日土曜日

プロオーディオのDIY


画像と記事は特に関係ないです
日々溜まった作業に追われております。
最近エントリが少なかったので何か投下しようと思い、ネタを考えていたのですが…。

僕自身も、ウェブでオーディオの資料や情報を日々収集しており、何か面白いアイデアを探したりとか、同業の人がどういうことをしているのか調べることが多いんです。

で、そうしている内に気付いたのが、不思議な事に日本ではコンシューマ・オーディオのDIYや自作情報を書いている人は沢山いるのに、プロオーディオの自作情報や資料がほぼないんですね。

いま思い起こせば数年前、マイクプリを自作しようとしたときに、いわゆるド王道のマイクプリ自作情報が殆どなくて困った記憶が蘇りました。

自分の体感でざっくりですが、オーディオ系のブログや記事が積極的に書かれているのは最近だとヘッドフォンアンプやDACの自作が一番多いような印象ですね。ヘッドフォンで音楽を聴く人が最近では大半のようですので、なんとなく納得です。特に関心がある人は若い人が多いような気がします。市販品の改造や、いわゆるオペアンプの音質評価なども主にこのカテゴリの人達が情報をアップしていることが多いです。

次が真空管や半導体のパワーアンプや、フォノイコライザーを自作しているような、いわゆるアナログ・オーディオが趣味&自作も好き!という割と年齢層が高めの人達。いわゆる『トランジスタ技術』を読んでいるような人が多く、フルチューブのパワーアンプや、ディスクリートのプリメインアンプなどを1から作っていたりと、かなり手の凝ったものが多い印象です。

それに対し、プロオーディオ機材の自作はというと……やはりガレージメーカーのサイトが数件hitするだけで、それ以上の情報は出てきません。
Neveなどのいわゆる銘機とよばれるような機材に関しても、いわゆる購入者のレビューや販売サイトの薀蓄が沢山出てくるだけで、自作をしてみようという記事はびっくりするぐらいないのです。
プロオーディオ製品に対するフォーラムは、既成品や特定のモデルに対してあれが良い、これが悪い、みたいな評判と感想が羅列されているだけで、構造的・技術的な点というのは全く見えてこないし、参考にもなりません。

一体何でなんでしょうね…。
ちなみに海外はというとちょっとまた事情が違って、アメリカではProAudio専用の情報交換フォーラムなどがあり、積極的にオリジナル機材やクローン機材の製作について情報が投下されています。流石DIYの国…といったところでしょうか。

とにかく、日本語でProAudio機材の製作方法に関してしっかりと凡例を上げて書かれた情報はほぼありません。さっき上にも書きましたが、ファンタム電源についての解説はあっても、実際にどうやって+48Vを作るかは何処にも書いてありません。

と、いう環境にちょっと思う所があったのでそう遠くないうちに、ちょっとアクションしてみようと思います。…お楽しみに!

2016年5月16日月曜日

Sapphireリニューアル

シルクで文字が入りました

発売から好評頂いております当方のベース用プリアンプSapphireですが、今月よりリニューアルいたします。

画像でお分かりの通り、まずシルクスクリーンでロゴと文字が入りました。
なんというかやっと売り物っぽくなりましたね。
(1台ずつ手作業でシルク印刷しています…)

ツマミの配置もフットスイッチのオプションで採用していた4*2の配置をほぼそのまま踏襲したことにより、ケース内部に余裕が生まれました。
これにより、アウトプット側にアウト端子をひとつ追加することが可能になりました。
チューナーアウト、もしくはパラレルアウトを追加可能です。

もちろん中身の回路は今までどおり高品質なままです。

流行に惑わされず、サウンドに敏感なベースプレイヤーには既にゲットしていますよ…!
この機会に是非。