2016年7月26日火曜日

2N3055


メタルキャンTO-3パッケージの代表格である2N3055です。
モトローラをはじめRCA、東芝製などもあり、電流増幅用に以前はよく使われました。
最近はパワーアンプも電源もMOS-FETが主流になりつつあるのか、あまり使われないようですね。
当方では古いモトローラ製も大量にストックしています。

モトローラの半導体部門が撤退したこともあり、一時期は新品が手に入らなかったのですが、後続のオン・セミコンダクター製やSTマイクロ製がセカンドソースとして製造しており、今では秋葉原でも安く手に入るようです。コンプリメンタリのMJ2955も同時に復活したのが有り難いですね。

ちなみに写真右側はアルミ蓋パッケージの3055で、初期のタイプです。
現行品の3055はキャンの材質が変わり、厚みもやや増しています。

NeveのBA283の最終段でもこのトランジスタが使われていますが、終段にこれを使うと独自の力強さというか音のパワー感があり、個人的にお気に入りのトランジスタのひとつです。

2016年7月2日土曜日

作業中のもの

お久しぶりです。
徐々にバックオーダーが溜まりつつあったので最近はそれの消化に専念しつつ、新たなるディスクリート・アンプの設計や構想も考えています。暑くなる頃が一番忙しくなりそうです。(待たせている方はすいません)

近況を箇条書きします。


・FET入力型のディスクリートアンプの設計
一度おおまかな設計は終わっていますが、終段までオールFETにするかバイポーラTrとのハイブリッドにするかで未だに迷っています。
オールFETにチャレンジしたいのですが、出力段に使う石で入手性が良い物がなかなか見つからず、現状東芝製の2SKシリーズのコンプリメンタリペアで何とかしていますが、手持ちの数も少なく代用品を探しています。

・新型ディスクリートDIの設計
ADI-101の後継機種の構想があります。(設計自体はほぼ終わっています)
まず大きな変更が差動アンプではなくJ-FETを使ったシングルアンプバッファーになります。
そして電源も今まではAC100Vから両電源を生成してドライブしていましたが、シングルアンプなので単電源で問題なくなりました。電源ユニットやACインレットを内蔵しなくて良くなったので筐体のサイズが小さくできそうです。
シンプルにボリュームなしのレベル固定型になると思います。
ケースの選定さえ上手くいけば、値段もほぼ据置きできそうなのですが、そのあたりをいま算段しています。