2015年8月27日木曜日

8月の途中経過

8月はたくさんの発注いただき有り難うございます。
お陰様で来月もなんとかFloatiaを続けることができそうです…!(苦笑)
今月からレギュラーラインナップに加わったADI-101も既に何台かオーダーを頂き、順調なスタートを切ることができました。

しかし有り難い最中に困ったことが……ここ最近の発注&製作のたて込みでEdcorトランスの在庫が尽きてしまいました。既に代理店に発注はかけているのですが、うちで標準使用しているトランスが特注品のため、入荷にはしばらく時間がかかりそうです。
ライントランスを使用する機材を発注希望の方は納期をご確認ください。

来月はQuad EIghtのマイクプリ+EQのチャンネルストリップも入荷予定です。


こっそり作っていたBass用プリ(私物)なんかも実戦投入してみたり…。
基本的な回路はADI-101の出力段がアンバランス仕様になったようなものです。
特にパッシブの楽器にはバッファーが覿面に効くので、ご希望の方は是非お試しください。

2015年8月14日金曜日

Quad Eight MP404 ラッキング


非常に珍しいQuad EIghtのマイクアンプモジュールMP404を入手できたのでラッキングしました。
昨年からそのうちやろうとは思っていたのですが、なかなか時間が確保できなかったのとパネルの加工に手間取っていたこともありだいぶ先送りになっていました…。
仕事の作業などの合間に私物として作っていたので製作期間は3週間ほどでした。

2015年8月11日火曜日

Neve BA283 AmpCard



リキャップ中のNeve BA283アンプカードです。
オールドのNeveサウンドの要となっているもののひとつで、Neve1073、1066、1272などポピュラーなNeveの心臓部はこのアンプカードが使われていました。

BA283上にはプリアンプとアウトプットアンプの2つが実装されており、これ1枚でディスクリートのアンプが作れるような構成になっているのが特徴です。




全段がNPNトランジスタによるA級シングルアンプ構成で、増幅素子には小信号用トランジスタBC184、アウトプットの最終段にはTO-3パッケージのパワートランジスタ・モトローラ製2N3055が入っています。これにより、負荷の重い大きなトランスも十分にドライブ可能となっています。(放熱のアルミ板ごとかなり熱くなります)出力段がトランスを介して直流を流すようになっているのも特徴で、大型の出力トランスLO1166のためにある出力アンプといってもいいかもしれません。

ゲインはそれぞれ20dbぐらい取ることができるので、これにマイク用トランスを足せばトータルで+60db程度のゲインを稼ぐことができ、マイクプリアンプとして使うことができます。このBA283に入力トランスと出力トランスを付けたのがまさにNeve1272です。Neve1073のイコライザー抜きバージョンとも一見言えそうですが、1073の場合は更に補助用のNeve284というアンプカードも併用して増幅しています。1073のプリアンプを再現するには増幅率などを調整する必要があります。

またBA283もいくつかバリーエーションがあります。

BA283AV : すべての部品を実装したフルバージョン
BA283NV : プリアンプ側のみ実装したバージョン
BA283AM : アウトプットアンプ側のみ実装したバージョン

このアンプカードは前述の通り、大きいトランスをドライブできるだけの力があるので、Marinair LO1166のような大型アウトプットトランスと相性が良く、このふたつが揃うと中低域に厚みのある、正にオールドNeveの音になります。代用品のCarnhilのトランスを使う場合はギャップ対応でプレートが1U対応サイズになったVTB1148を使うとよいでしょう。Marinairとはやや傾向が違うものの、オールドに近い音色を得ることができます。

上:BAE BA283クローン 下:オリジナルBA283

回路図などは既に世間に出回っているので、いわゆるNeveのクローンを作っているメーカーもそっくりそのままこの回路を真似てはいるのですが、なぜか同じような音にならないのが不思議です。音質の要としてはヴィンテージのトランスがよく語られますが、オリジナルのBA283にはまず古いパッケージのトランジスタ、位相補償にポリスチレンコンデンサを使用、2N3055も初期のアルミパッケージを採用しています。このように、今では入手できない素子が多く使われていることも要因のひとつになっている気がします。

BA283は補修用も含めてまだ当方でもストックがありますが、数年後にはトランスと同様もうなかなか手に入らないものになっている可能性が高い気がしています。

・・・

気軽にNeveクローンが作れるようにBA283のクローン基板を作りました。
>> BA283Pと名付けました。単品でも販売しています。

2015年8月6日木曜日

ADI-101 オーダー受付中


新型のアクティブDI、ADI-101をオーダー受付開始します。

製品についての説明はこちらのページにまとめました。

気になる価格ですが、電子バランスモデルが¥35,000、トランスバランスモデルが¥41,000よりとさせて頂きます。

そしてプロモーションキャンペーンとして、8/20までの発注は¥5,000オフの特別価格で受注致します。
※終了しました。たくさんの発注ありがとうございました。
初期ロットは5台程度と考えていますので、興味がある方はお早めにお問い合わせください。
発注及び購入のご相談はメールにて承ります。
よろしくお願いいたします。