2018年6月28日木曜日

Neve BA208 AmpCard

BA208

ストックパーツの類を整理していたら、Neve BA208が沢山出てきました。

これもオールドNeveのアンプカードの一種で、コンソール内のスイッチングユニットNeve1948のバッファー的に使われていたアンプです。比較的用途が近いのはBA283AMでしょうか。しかし、BA283とは回路が少し異なります。回路図を見てみましょう。


2018年6月15日金曜日

オリジナルのディスクリートオペアンプ

FDOA-01


Floatiaオリジナルのディスクリートオペアンプ、FDOA-01FDOA-02を発表します。
共にAPI2520と互換性のあるディスクリートオペアンプ(DOA)になります。

オリジナルのDOAのアイデアは2年近く前からありましたが、少なくともオリジナルの2520や、既存のDOAに対して何らかのアドバンテージがあるものでなければならないという考えがあり、十分なクオリティーのものになるまでは時間が掛かりました。それがやっと形になったのでこの度発表となりました。

まずFDOA-01ですが、こちらはJ-FET入力タイプのDOAになります。ローノイズかつFET特有の切れのあるクリアーで繊細なサウンドが特徴です。音の立ち上がりの早さ、明瞭さは他のDOAよりも格段に優れています。

FETは入力インピーダンスが高くセンシティブな信号の増幅に向いていますが、十分な増幅率を確保することや、また半導体の特性選別が難しいという問題がありました。FDOA-01では初段の差動増幅回路に低雑音・高増幅率のデュアルマッチド・FETを採用することでこれを解決。個体差がなくフォノイコライザー・マイクプリアンプにも十分足りる内部ゲインを持っています。

FDOA-02


FDOA-02は01と基本はほぼ同じ回路ですが、こちらはバイポーラTr入力です。初段はデュアルのバイポーラTrを採用しています。全体的に落ち着きがあり、中低域が充実した音色になっています。バイポーラ入力ですので、既存のAPI2520搭載機材との相性もよく、特性的な互換もあります。




またどちらも定電流回路とバイアス回路にLEDを採用しています。一般的にこれらの回路にはツェナーダイオードやスイッチングダイオードなどの汎用シリコンダイオードが用いられるのが普通ですが、微弱電流においてはダイオード自身がノイズの発生源になっていました。LEDはそれらに比べて無視できるほどにノイズが小さいというメリットがあります。LEDなので通電時には当然発光しますが、電力を無駄遣いしている訳ではないです笑

この2つは単品で支給もしますが、(※)これらを使って新型のマイクプリアンプとフォノイコライザーも製作いたします。既に試作は何度かしており、とても高評価を得ています。またプロオーディオだけではなく民生用のアンプにも転用できますので色々な応用を考えています。

今後はこういったディスクリートのモジュール製作が中心になっていくと思います。続報をお待ち下さい。

※各ページに記しました通り通常はペアーで¥12,000で販売します。

2018年6月4日月曜日

志向を変えまして…

BA283AMをBA283AVにコンバート

BA283AMに部品を追加してBA283AVにコンバートしています。もちろん清掃と一緒にリキャップも同時に行いますが、今回はすこし志向を変えましてニチコンFGを使ってみました。

基本的にヴィンテージ部品やモジュールをリキャップするときは元々付いていたものと同じメーカーの部品でリプレイスします。仮にオリジナルの部品が手に入らない場合でも音色の影響などを配慮してなるべく近いタイプのものを選ぶのが原則です。

しかし今回は逆に「音を狙って変化させる」方向で実験したかったのであえてニチコンFGを付けてみました。(Neveですと普段はフィリップス製のチューブラタイプを用います)普段の製作用で大量にストックしているものです。

ニチコンFGについて今更説明すると、いわゆるニチコンのオーディオ向け電解コンの中で最も流通しており入手性の良いものです。秋月電子などで安価で売られているのでファーストチョイスがこのコンデンサという人も多いかと思いますが、音は結構クセがあります。具体的にはゆるやかなドンシャリというイメージで、中低域がやや膨らみつつもつるっとした高域が出る感じです。上位品のKZとなってくるともっと高域が綺麗に伸びますが、FGは中高域からゆるやかに伸びるイメージで、漠然と音が太くなる印象。逆に言うと抜けはあまり良くないので、明瞭さを出したいときには不向きでしょうか。

ヒアリング・チェック用の治具にリキャップしたBA283をセットし…ラインアンプとしてまず音を聴いてみます。これがなかなか悪くありません。アウトトランスをバイパスして聴くと意外とBA283はあっさり目の音がするのですが、適度に中低域が足されて密度も出ている気がします。むしろ標準で使っていたフィリップスのほうがナローに感じました。

定番や標準品にとらわれず、いろいろな部品の組み合わせを試してみたほうが良いと考えさせられる良い機会になりましたので、オーディオ向けだけではなく標準品でも試行錯誤してみようと思いました。ELNAや東信などもまだ試してないので…まずはBA283Pを使ってテストしてみるのもアリですね。