2016年11月24日木曜日

移転予定と在庫整理

2ヶ月くらい前からほのめかしているのでお気づきの方といると思いますが、Floatia Designsは年内を目処に作業場を移転する予定です。

理由は物凄くシンプルで、現在の自宅兼作業場が手狭になったためです。
最近は3Uとか4Uのアウトボードを複数預かったり、それなりの機材の数を置いたり大型のラックを預かることが増えており、常に作業場がギュウギュウの状態でして、作業性が著しく悪くなっています。またスペースの都合上加工用の大型工具が導入できなかったりと…この先仕事を効率化していくにあたって部屋の狭さが常に障害になっていました。

移転先は同じ調布市内に検討していますが、作業スペースが面積で3倍は増える見込みです。

そもそも移転するだけならばこちらだけの話で、ここを見ている皆様には全く関係なさそうなのですが、わざわざブログに書いたのは理由があります。

移転することによって、以下のようなことが可能になる予定です。

・作業スペースの拡大により、大型機材の製作・修理が可能
・レーザー彫刻機など、今まで導入できなかった加工機が導入できる
Floatia Designs専用リスニング&テストルームの設置

大事なのは3つ目です。
Floatia Designsの製品を実際に試聴できるリスニング&テストルームの開設です!
以前から「実際に使ってみてからオーダーしたい」とか「オールド機材をよく知らないので色々比較して違いを教えてほしい」といったような問い合わせがありました。いままでは作業場が狭すぎてオーダーの応接もできるような状態でもなかったですし、デモ機も十分な数が用意できていませんでしたし、その度に機材を送るのも億劫に感じていました…。(たま〜に普通に「面白そうだから訪問したい」という声もありましたが狭すぎて失礼なので基本的にお断りしていました)

ならばいっそ、Floatiaの作業場に機材をテストできるスペースを併設し、実際にその場で機材をチェックできるような環境を作ってしまえばいいと考えました。うちには私物のオールドのNeveやAPI、QuadEightもあるし色んな機材と比較できる…簡易的なRecスペースも場所さえ作ろうと思えば作れる…。その場で試して、自分が直接カスタマーに解説やアドバイスもできる…まさにうってつけではないですか。

しかし移転というのは引っ越しであり、費用以外にも色々とクリアしなければいけない問題がありまして…現状荷物や作りかけの機材が多すぎます。ひとまずストックの販売可能な機材は全て放出し、進行中の大型機材はfixさせなければなりません。

そこで、皆様にご協力お願いしたいのが、in stockの在庫品整理です。
リストプライスよりほんの少しディスカウントできますので興味がある方はご協力お願いしたく思います。(荷物も減るし、新しい作業場の設備費にも…)
何卒よろしくお願い致します!

Shinpei Ichimura

2016年11月5日土曜日

新製品FETD-03について

日々やることは山積み…ですが、新製品の紹介です。

基本的にうちはProAudio屋という体で活動しているのですが、そのノウハウを活かしてFETD-02 Sapphireのような楽器用プリアンプも開発してきました。そしてSapphireを切っ掛けにFloatiaDesignsを知って頂いた楽器プレーヤーさん達から「是非今度はドライブ・ペダルなども作って欲しい」という要望もここ1年で多く頂いていたんですね。

正直言うと「うちはエフェクター屋さんじゃないし…」とあまり乗り気ではなかったのですが(コスト的な問題もあり)プロ用機材の開発と並行して、じっくり半年ほど掛けて水面下で開発や試作は続けていました。

そのひとつのアンサーとして開発したのが、FETD-03 Pomegranateになります。

製品版のシルクはこんな感じ

ざっくり説明するとベース・ギター問わず使える強力なオーバードライブ・ペダルです。

元々はSapphireの姉妹機として開発を進めていて、ベース専用のオーバードライブとして発表する予定でした。しかし試作を重ねる内に、シングルコイルのギターなどとも相性がとても良いことが分かり、楽器を問わず使用可能な方向性になりました。

まずはサウンドサンプルを聴いて頂くのが早いと思います。



このように、低音弦までしっかりと芯を残しながらも食いつくような歪み方をします。
元々ベース用に開発していたものですから、ロー痩せが一切ナシというのは大前提でした。既存のクリッピング式オーバードライブの欠点を徹底的に見直し、Floatia独自のドライブ回路を開発!

FETDシリーズの名を冠していますから、勿論FETを使ったバッファーを内蔵。内部ではローインピーダンス化することでノイズを減らし、出力も痩せることなく安定した出音になります。

ひとまず、仔細は専用ページを作りまして、そちらを参照して頂くとして…。
気になるプライスですが、送料tax込みで¥27,800よりとさせて頂きます。

正式な受注&出荷は12月からの予定ですが、プリオーダー・キャンペーンと称しまして、11/20までにオーダーを頂いた方には¥4,000オフ¥23,800にて受注承ります。是非この機会をご利用ください!

問い合わせ・質問・発注の相談などはメールにて。
お待ちしております。