2017年10月20日金曜日

プロオーディオ向け秋葉原ガイド

電子部品を買うならとりあえず秋葉原の電気街…というのは定説ですが、街の変遷のために老舗の店が次々と撤退していることや通信販売で部品の入手性が良くなったことを踏まえると、以前よりも足を運ぶ機会が少なくなりました。

しかし、直接訪れると複数の店を同時に回ることができるため、やはり秋葉原に行くことの有用性はまだあるように思います。そのうえで大事なのは、どの店に何が幾らで置いてあるかを把握し、効率よく店を回ることです。例えば品揃えの良い場所でパーツを揃えたら数点は後で訪れた店のほうが安かった…なんてこともありますからね。

そんな訳で個人的に秋葉原で利用する店の情報をプロオーディオ自作派向けにショップ・ガイドとしてまとめてみました。訪問時の参考程度に。

※2017年10月現在の情報です。


【秋月電子】
品揃えは随一の総合店。店は狭いが、在庫している商品は殆どが他店より安い。マニアックなものはあまりない。オーディオ用コンデンサはニチコン系(ES、FG、KW、KZ)が最安で在庫。ICも072、4558、5532、49720などが最安。半導体は東芝などの汎用品クラスのものはあるがいずれも最低限の品揃え。小型スイッチングアダプターが各電圧揃っている。ICソケット、端子台、金属スペーサなども安いので小物はまずここで揃えておくとよい。とにかく価格が安いので、試作レベルならここで全て買ってしまうのもアリ。

※以前は2SK170、2SK30などの廃盤FETも入手できたが既に在庫がなくなり今はオーディオに使える半導体は秋月では手に入りづらくなっている。後述の若松通商などで探してみるとよい。


【千石電商】
秋月に次いで品揃えが良い総合店。ICや半導体は秋月で売っていないものが多くある。15V以上の三端子レギュレータもここで入手できる。また、抵抗コーナーでタクマンの抵抗が全値揃っているのでRAYとREXが欲しい場合はここでまとめ買いする。(海神無線で取り扱いはなくなりました)ギター系パーツの専門フロアがあるが、プロオーディオ向けではないので割愛。秋葉原では珍しくカードで支払いが可能(重要)


【マルツ】
本店と2号店がある。秋月・千石と守備範囲がややダブるので利用機会は少ないが、Linkmanブランドの安いパーツなど、取り扱いがここしかない商品もある。最近はDigiKeyの商品が取り寄せできるようになりました。


>ラジオデパート内

【海神無線】
コンデンサ・抵抗の専門店。生産完了した希少品が並ぶこともあるので、経験豊富な店主に訊いてみるとよい。コパルの多回転可変抵抗はここでしか買えない。質の良いマイカコンデンサやスチロールコンデンサなど他店では手に入らないコンデンサを多く在庫している。フィリップス製の抵抗もここで買える。


【桜屋電機】
楽器エフェクター・アンプ向けの商品を多数在庫する店……かと思いきや、マニアックな抵抗やコンデンサを在庫しているので、プロオーディオでもお世話になる。チューブラ型など海神無線に置いてない形のコンデンサはここで購入するとよい。Vishay Daleのオーディオ用抵抗はここで買える。Alphaの小型ボリュームが揃っている。


【エスエス無線】
ケース屋。タカチ製・リード製の商品はほぼ全て在庫している。タカチケース用のネジやゴム足・ケーブルグランド・ユニバーサル基板などの小物も全て手に入る。ポイントカードが貯まると¥2,000ぶんの値引きをしてくれる。(ポイントは5年間有効!)原則的にケースを買うときは地下の奥沢よりこちらで買ったほうがよい。


【門田無線】
ボリューム、スイッチ、コネクタ、LEDその他小物系の店。ACスイッチ、トグルスイッチなどが豊富に揃っていて安い。ノイズレスタイプのACインレットなどもここで購入可能。アルプス製のボリューム・ロータリースイッチもここで買うことができ、RK27用の変換基板も置いてある。


【トモカ電気】
コネクタ・ジャック・スイッチング電源などを豊富に在庫。ラジオ会館のほうにPROSHOPがあるので、切り売りケーブルなどもまとめて買う場合はそちらに行くとよい。(後述)格安のトモカブランドのパーツ有り。


>ラジオ会館内

【トモカ・PROSHOP】
文字通りプロ用の部品や機材に特化した店。ラジオデパート店にある商品と共通しているが、こちらでは線材の切り売りなどもしている。ベルデンやモガミのケーブルを買う場合は色も揃っているのでここで。ノイトリックやキャノンのプラグ・レセプタクルが網羅されているので非常にお世話になることが多い。トモカブランドではXLRタイプの4pinコネクタが安い。自作とは関係ないが、展示品のお下がりでお買い得の機材が店に並ぶことがある。秋葉原では珍しくカードが使える。


【若松通商】
半導体・コンデンサ・各種ICキットなど。今では数少ないコンプメンタリ・ペアの半導体も多く取り扱っている。秋月と千石で手に入らない海外のトランジスタやFETはここで買うしかない。コンデンサも他店にはないものが多く揃っている。海神無線では買えないELNAのオーディオ向けコンデンサや、ICだとアナログ・デバイセズのSSM2142などが入手可能。半導体とコンデンサで困ったら最終的にここに来るとなんとかなる場合が多い。値段は全体的にやや高め。

※2016年から店舗がラジオ会館店のみになり、店頭在庫品が減りました。店頭に数がない場合は福島の倉庫から取り寄せてもらえますが、最速でも1日かかります。


 
【そもそも秋葉原で入手できないもの】
・プロオーディオ用のトランス
自作で特にぶつかる問題。タムラ製のライントランスは入手可能ではありますが、海外製が主流のマイクトランスはほぼ入手不可能。唯一、アムトランスが輸入代理店としてLundahlのトランスを取り扱いしているが、原則取り寄せになってしまうためフラッと訪れても購入することはできない。(納期一ヶ月)そのためトランスに関しては個人輸入するのが基本となる。

電源用のトランスはラジオデパート地下のノグチトランスなどで入手可能。MCトランスや真空管用トランスは、オーディオショップや専門店で。



2017年10月8日日曜日

Neveリビルドと在庫整理

1年近く延期になっていました移転を今月行うことになりました。
そんな訳で、在庫品の機材をセール価格にしましたので、是非この機にご利用ください。


あともうひとつ、ちょうどNeve1272のエントリを書いた直後に部品が幾つか出てきたので、Neveリビルドのマイクプリアンプが作れます。


ヴィンテージのBA283(もちろんリキャップ済)+ St.Ives L10468VTB1148です。アウトプットは本来ならばLO1166が使いたかったですが、既に在庫がないのでエージング処理をしたVTB1148で代用します。

オールドのNeveサウンドが欲しい!という方はどうでしょうか。クローンものより断然良い音がしますよ!