2017年11月15日水曜日

楽器プレイヤー向けヘッドフォンアンプ

ふとしたアイデアでしたが、ギターやベースなどを直接繋いで聴けるヘッドフォンアンプがあれば便利だなあと思いました。民生用のヘッドフォンアンプは沢山リリースされていますが、Hi-Z入力はありませんから、楽器を直接つなぐことはできません。楽器メーカーがプリアンプにヘッドフォン出力などを付けている場合もあるのですが、やはりオマケ的な要素が強いものが多く、音質はいまいちな場合が多いです。

私は普段ヘッドフォンでチェックするときはMacに繋いでいるオーディオIFなどを使うことが多いのですが、この場合Macを立ち上げていないときは使えません。スタンドアロンでシンプルに使えるヘッドフォンアンプはないか…と思って探しても上記の問題があって既存品には合致するものはなく…。

ラインでの音色のチェックという意味でもそうですし、ついでにiPhoneや携帯プレーヤを繋ぐことができれば、練習用アンプとしても使うことができるな…と。

以前こんなものを作ったことを思い出し、改めてやってみようと思いました。

その案で考えてみたのが、こちらのPractice HPAmpです。
以下ざっくりとした完成予定図になります。


ギターないしベースを接続し、それにAUXに繋いだ機材の音とmixした状態でヘッドフォン出力されます。AUXには音楽プレイヤーなどをつなぎ、バッキングを流しながらベースを弾いたりできます。もちろんAUXは使わなくても大丈夫です。

Inst入力はSapphireでも採用しているJ-FETのバッファーを介してアンプに送られるので、変に癖がつくことなくクリアーにサウンドチェックができます。また、プリアンプアウトを装備しているので、ヘッドフォンを使わないときでも、純粋なバッファーアンプとして使えるようにしました。電源は汎用のDC9Vから取れますが、内部で+-15Vに昇圧するのでヘッドルームは十分です。

と、『あればいいなあ』程度のものだったのですが、意外に欲しい人がいるかもと思い、受注オンリーで数台作ってみようとは思います。(レギュラー製作の予定はなし)

さて気になる価格ですが、パネルはシルクなしなど余分なコスト面をうまく抑えて¥35,800にて本日より発注承ります。納期は3週間ほどの予定です。細かいところをこうしたい!という要望にも対応いたします。

ひとまず4,5台ほど作ろうかと思っています。発注希望の方は、お気軽にメールしてください。よろしくお願いいたします。

デモ機。こんな感じになる予定です。

2017年11月2日木曜日

Barchie's様にてFETDシリーズ取り扱い開始!

このたび新宿の楽器屋さんBarchie's様にてこの度FETDシリーズ(Sapphire, Pomegranate)を取り扱い開始して頂けることになりました。



以前から直販メインがゆえに「気になっているから、楽器屋などで実際に試してみたい!」という声がありましたが、そういった方々には朗報です。既に店頭にSapphireとPomegranateを配置しましたので、すぐにお試し頂ける環境になっていますよ!

ハンドメイド品という特性上窓口になってもらえる相手は慎重に探す必要性がありました。Barchie's様では店長である千葉さんが独自のポリシーを持って品定めした商品のみを販売し、またカスタマーにとって一番良いアイテムが提供できるような経験豊富なスタッフが在籍しておりますので、当方の製品についても十分コンセプトを理解して頂けました。結果、Barchie's様なら販売を一任してもらうのに一番良い場所だと思い今回お願いした形になります。

もちろん今までと同じく私のほうで直接オーダーも受け付けていますし、逆にBarchie's様の店頭で実機に触りながらカスタムなどの内容に相談して頂いてもOKです。

Barchie's様のHPはこちら!